【家庭教師の比較ドットコム】家庭教師の相場は?

トップ > 家庭教師情報 > 家庭教師サービスの1時間を知っておく

家庭教師サービスの1時間を知っておく

一般的に、1時間といえば60分です。
ただし、学校の授業では1時限で60分は少し長くなります。
小学生なら45分ぐらいですし、中高生でも50分です。
大学生などになると90分ですが、90分一杯行われることは少なく、80分ぐらいの授業になることもあります。
家庭教師を利用するとき、派遣タイプの会社と契約をすることがあります。
1時間ごとに何円とわかりやすい料金体系になっていることがあり、安いところを利用することもあるでしょう。
この時、1時間は何を意味するかを知っておくようにしましょう。
サービスにおける1時間は、学校の1時限と同じような意味合いになります。
授業の単位のことで、60分とは限りません。
60分の所もあれば、学校に合わせて50分や45分のこともあります。
短ければその分安いのは当たり前です。
書いていなければ確認した方が良いでしょう。



家庭教師は本部のサポートで選ぶ

一般の学校では、担任といわれる先生がいます。
普通の授業以外に、学校生活全般的にサポートをしてくれる先生です。
塾や予備校だとチューターと呼ばれることもあります。
勉強のやり方がわからなかったり、進路指導などを行ってくれる担当者になります。
家庭教師のサービスでは、最近は派遣会社のサービスを利用することが多くなっています。
この時、単に先生を派遣するだけでなく、本部サービスを持つところがあります。
塾などと同じように勉強以外のサポートをしてくれる担当者がいます。
申し込みをすると、最初に来るのがこのサポート担当者です。
塾などでは主に生徒と話をしますが、このサービスの場合は親と話をすることが多くなるかもしれません。
派遣される先生も進路の相談をしてもらえますが、本部サポートの方がより細かい相談ができます。
本部サポートで選ぶことも必要です。



家庭教師の契約期間や解約の仕組み

女性であれば、エステなどのサービスを利用することがあるかもしれません。
1回ごとに料金が発生することは少なく、大抵はコース制になっています。
10回ぐらい利用するのを前提にしたコースで、かなりの金額になります。
コースを途中でやめられない場合もあります。
家庭教師を利用するとき、契約期間や解約の仕組みをきちんと把握しておきましょう。
すべてがそうとは限りませんが、エステのようにコース制になっている場合があります。
1年コース、半年コースとなると、その期間分の料金を事前に払い、解約すると戻されないお金も出てきます。
利用しやすいのは、月謝タイプです。
契約はするが、毎月更新をするタイプです。
支払いも1箇月毎になるので、それほど高額ではありません。
解約をすれば、1箇月分が損になるくらいなので、無駄も少なくなります。
場合によっては、回数分の返金をしてくれるところもあります。

次の記事へ