【家庭教師の比較ドットコム】家庭教師の相場は?

トップ > 家庭教師情報 > 家庭教師はわからないところがわからないを無くす

家庭教師はわからないところがわからないを無くす

学校の授業において、先生から何か質問がないか問われることがあります。
よくできる人はそこで質問をします。
しかし、多くの生徒は質問をしません。
先生からすると、質問をしないならわかっているとしてどんどん授業を勧めることがあります。
実際は、多くの生徒はきちんと理解していません。
わからないところがわからないので質問できない状態です。
又、すべてがわからない状態のこともあります。
この状態でどんどん授業が進むと、さらにわからないことだらけになります。
塾などでも授業は一方的に行われるので、わからないことが多くなる場合があります。
家庭教師は、わからないところがわからないを減らしてくれると言えるでしょう。
先生の方が生徒がどこが分かっていないかを見つけ出し、わからなそうであればその部分を集中的に教えてくれます。
分かる部分を多くしてくれます。



家庭教師は分野による得意不得意に対応

国語には、現代文、古文、漢文などがあります。
現代文は一般的な日本語の文章ですから、ある程度は理解できます。
しかし古文や漢文は、現代文の知識だけでは読めません。
思想なども現代とは異なっており、理解しにくい部分も多くなります。
国語は得意だが、そのうち現代文が得意であって古文はあまり得意でない場合がります。
数学などでも、証明をする問題などは得意だが、代数の問題や微分の問題はあまり得意でない人がいます。
教科による得意不得意でなく、分野による得意不得意が生じることがあります。
家庭教師の場合は、細かい対応をしてもらえます。
科目ごとではなく、分野ごとに教えてもらうことができます。
国語であれば、苦手な古文を中心に教えてもらったり、数学の微分を中心に教えてもらうなどが可能になります。
自由にカリキュラムを組めるのが利点と言えるでしょう。



家庭教師は頼れる兄姉のような存在

高齢化の問題と並んで少子化の問題もあります。
その原因として、兄弟姉妹がいない子もいます。
一人っ子です。
兄や姉に教わることがありませんし、弟や妹に何かを教えることもできません。
親が共働きとなると、より一人で生きていく必要があります。
一人っ子だから勉強ができないわけではないですが、頼りになる人がいるとより勉強がはかどる場合があるでしょう。
家庭教師の役割として、頼りになる兄や姉のような存在であることが挙げらえるかもしれません。
頼りになる人がいると、勉強を一生懸命できるようになります。
自分の知らないことを教えてくれますし、それをわかりやすく話もしてくれます。
すると、自分もこの人のようになりたいと感じるようになります。
同じようになるには、先生のいないときに勉強をするしかありません。
自己学習力もどんどん身につけられるようになります。

次の記事へ