【家庭教師の比較ドットコム】家庭教師の相場は?

トップ > 家庭教師情報 > 家庭教師の選び方のテクニック

家庭教師の選び方のテクニック

 子どもの学力をアップさせるために家庭教師を利用する家庭も存在しています。現在ではそれを取り扱う業者が複数ある状態であり、どれが適しているのか、迷うのは無理もないと言えます。
 しかしお金を支払って、勉強を教えてもらう訳ですから、子どもにとって適切なところを選択しておきたいところだと思われます。選ぶための基準としては経験や講師の人間性などが挙げられています。
 人を教えたことがあるという経験や講師の性格に問題がないことも重要なポイントですが、まず注目するのは料金の相場です。費用も業者やコースなどによって異なってくる場合があり、例えば同じ小学生でも中学受験になると高めになります。ウェブサイトで費用に関する事柄が書かれていることがあるので、それを閲覧すれば最低限理解できると言えます。
 ただ、あくまで例であることがあるので、参考程度に閲覧しておくのが得策だと思われます。また学校の授業に遅れないようにするためのコースにするのか、受験のためのコースにするのかを明白にしておくことも重要です。


 講師の年齢ですが、これは子どものタイプに応じて選ぶことが適しています。同じ家庭教師でも学生のタイプとプロのタイプとでは、特徴が異なっています。学生の場合は若く、子どもの年齢にさほど離れていないので親近感を抱きやすいということがメリットです。
 また安価な価格で教えてもらえますし、講師自身の体験を基にしたアドバイスを聞くことができます。プロの場合は年が結構上になりますが、指導の経験が豊かであり、どのように教えるのが良いのかにおいて理解しています。子どもが勉強面で不安に感じていたら、サポートしてもらいやすいという利点も存在します。子どもが勉強するのが好きではないというのであれば学生のタイプにしておくのが適していると言われています。
 どちらのタイプが適しているのかは子どもの性格によりますし、相性がぴったりな講師であれば、学力が上がりやすくなります。そのことから、子どもが良いと感じた講師を選ぶのが適切だと考えられます。


 出身大学も選ぶ基準になっていると言われていますが、講師の学歴が高いことに越したことはありません。ただ、学歴が高ければそれで良いのかと言えば、それは違っていてきちんと教えることができる講師であることが必要です。
 また講師と子どものそれぞれの学力に差があり過ぎるというのは好ましくないとされています。差においては、子どもの偏差値より20程度高い講師を選ぶのが適しています。また成績の向上に伴って徐々に高い偏差値の講師に切り替えていくことも有効だと言えます。